Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

Angelo Debarre アンジェロ・ドゥバーレ(1962 – )

1962年8月仏サンドニに生まれ、8歳でギターを始める。マヌーシュ(ジプシー)の人々の間では、
伝統が家族、世代を超え口承され、音楽は大きな位置を占める。300から400のキャラヴァンが集まる
マヌーシュのコミュニティに、音楽が絶える事は無いという。ジャンゴ・ラインハルトによって始ま
ったジプシー・ジャズの音楽の伝統がこの文化の核心にあり、その音楽はダイナミズムと豊かさを失
わない、永遠に生き続ける音楽だ。
アンジェロは13歳の時にはRaphael Faysのグループに加わるが、その後しばらくドラムに傾倒するこ
とになる。1984年に最初のグループ“アンジェロ・ジャズ・カルテット”を結成し、翌年にはパリの
有名なナイトクラブ”La Roue Fleurie”で人気を得る。また東ヨーロッパのジプシーなど様々なスタ
イルとのコラボレーションを行う。同年Serge Camps、Frank Anastasioと共に“Gypsy Guitars”をリ
リース。98年には初のリーダー作“Caprice”を発表。



【ご協力のお願い】
http://djangotokyofestival.com/#goods
ジャンゴ東京フェスティバルのTシャツとエコトートバッグの在庫がまだあります! 次回開催の資金となりますので、ご購入頂けたら幸いです(*^^*)

Comments are closed.