Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

Baro Ferret (1908 – 1976)

Pierre Baro Ferret(バロ・フェレ)は1908年にフランスのルーアンで生まれた。
3人兄弟の長男で、彼は幼い頃からミュージシャンとしての才能を示した。
地元のダンスホールの短い見習いの後、彼はパリに移住した。
彼はすぐには、バルス-ミュゼットのギタリストとして先駆者となり、
また偉大なジャズギタリストと約80のレコードを録音し、ジャンゴラインハルト
のお気に入りの楽団員でした。彼はあまりにもできるジャズマンだった。、
Baroは、作曲家、ワルツの通訳として有名です。
Gus Viseurと共同で制作した彼の初期のバランス-ミュゼットは、
最も美しいスタイルでかつ洗練されていた。
ギタリストとして彼は完璧な技術と独自の即興スタイルを持っていた。
戦争を離れ1960年に彼は、Bar”La Lanterne”を運営していた。



新譜リリース Adrien Moignard and Tokyo Django Collective
『Manouche World-class Meeting vol.1』
先行予約受付中!今ならポストカードが付き

Comments are closed.