Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

Bireli Legrene ビレリ・ラグレーン(1966 – )

ビレリラグレーンは、1966年9月4日フランスのセバレーンで生まれた。
伝統的なマヌーシュ-ロマーニ人(ジプシー)の家族、地域社会で育つ。
彼は4歳でギターを弾き始めた。
彼の父Fisso(非常に才能豊かなバイオリニスト)、彼の母親Bergaに音楽的な影響を大変受ける。
弟はGaiti。
8歳の時、彼はジャンゴラインハルトのレパートリーをカバーしたとき、彼の親戚はすでに彼を神童と呼んでいた。
12歳の時ストラスブールのロマ音楽祭で受賞した。その賞で
米国に行くきっかけを与えられた。そして米国でビレリラグレーンはステファングラッペリ、ベニーグッドマン、
そしてベニーカーターなどの世界的に有名なジャズミュージシャンに会った。
1984年、彼はニューヨークでラリーコリエルに会った。
その後、彼はベーシストのJaco Pastorius(ジャコパストリアス)と活動しジャズ・フュージョンに傾倒する。
Jaco Pastorius(ジャコパストリアス)との活動はビレリラグレーンの音楽的解放に大きく貢献し、ヨーロッパでは、
ツアーを行う。
ジョン・マクラフリンやアルディメオラなど数々の有名アーティストとのライブ演奏もしている。
ビレリラグレーンは、2002年に『Gipsy Project and Friends』でまたマヌーシュジャズに原点回帰している。



【ご協力のお願い】
http://djangotokyofestival.com/#goods
ジャンゴ東京フェスティバルのTシャツとエコトートバッグの在庫がまだあります! 次回開催の資金となりますので、ご購入頂けたら幸いです(*^^*)

Comments are closed.