Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

Dorado Schmitt ドラド・シュミット(1957 – )

1978年ドラドの最初のグループ”The Dorado Trio””。
ダブルベースにGino Reinhardt 、
リズムギターにHono Winterstein、
Claudio Favariも加入したが短期間であった。
ドラドは、メロディーに鋭い目で素晴らしい作曲家である。それを証明する
彼の曲『Bossa Dorado』ジプシーの古典として今でも演奏し続けられている。
1988年2月23日、交通事故で11日もの間、昏睡状態。
それは彼がトリオで再び演奏できるようになるまで、リハビリに2年を要した。

彼の息子サムソンシュミットも素晴らしいギタリストで現在活躍中。



新譜リリース Adrien Moignard and Tokyo Django Collective
『Manouche World-class Meeting vol.1』
先行予約受付中!先行予約特典として
非売品DVD、ポストカード、シークレットライブチケットがあります!

Comments are closed.