Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

Gus Viseurギュス・ヴィズール(1915 – 1974)

ベルギーで1915年5月15日生まれ- パリ1974年8月25日に亡くなる。
1930年代のスイング時代に、ミュゼットの名手だった。
彼はチャールズドローネが企画して有名な「 Hot Club de France」のメンバーの時はジャズもプレイしていた。
Gus Viseur(ギュス・ヴィズール)は、パリの街でプレイして彼のキャリアが始まった。
彼はボタンアコーディオンから素晴らしいサウンドを得ることができた。
それは彼が何かを革新していたことが明らかになった。彼はマヌーシュとして知られている
アコーディオンジャズのスタイルを確立した。
ジャンゴラインハルトとフランスのホットクラブの伝説的なクインテットと共演が彼の人生の重要なファクターとなる。
信じられないほどのすべての異なる音楽ジャンルの即興演奏能力があった。
数多くの録音に加えて、Gus Viseurギュス・ヴィズールはまた、キャバレーやナイトクラブで行った。
1937年に彼の最初のレコードを記録し、1940年にエディットピアフに同行した。
ワルツ、タンゴ、パソドブレ…彼はミュゼットのレパートリーのすべてのジャンルを録音。



【ご協力のお願い】
http://djangotokyofestival.com/#goods
ジャンゴ東京フェスティバルのTシャツとエコトートバッグの在庫がまだあります! 次回開催の資金となりますので、ご購入頂けたら幸いです(*^^*)

Comments are closed.