Jimmy Rosenberg
ジミー・ローゼンバーグ|ギタリスト


Joseph Jimmy Rosenberg(ジョゼフ・ジミー・ローゼンバーグ)1980年4月10日~現在
オランダ南部のヘルモント生まれ。オランダのロマ(Sinti)。
Engelina(Papi)WeiszとFranco(Macky)Rosenbergの息子で、有名なRosenberg TrioのメンバーであるNonnieとNous ‘cheとStochelo Rosenbergの従兄弟。

7歳の時にヴァイオリンからギターに変更する。

9歳の時にジョン・ジェレミーのイギリスのテレビドキュメンタリー「Django Legacy」でデビュー。このドキュメンタリーの中で、ジミーはFalko Reinhardt(ファルコ・ラインハルト)とSani van Mullum(サニ・ファンムラム)と共に、ジプシーキッズという名のトリオと共に現れる。

11歳の時、初めてオランダのテレビで出演。そして、フランスのSamoir Sur Seine(サモア・シュール・セーヌ)で開催されたジャンゴラインハルトフェスティバルで演奏しました。あと、アムステルダムの Concertgebouw(コンセルトヘボウ)でステファン・グラッペリとのデュエットも果たす。

12歳の時、1992年6月から7月にかけて、オランダのヒルヴァーシュムにあるStudio 88で、「Safari」という最初のCDレコーディングを行う。

13歳の時、ノルウェーのオスロで開催されたジャンゴフェスティバルとフランス・サモアシュールセーヌのジャンゴラインハルトフェスティバルに出演。Hot Club de Norvège、Hot Club RecordsのためにJimmy’s Suiteとの最初のレコーディング。ジミーはBiréliLagrène、Stochelo Rosenberg、Angelo Debarre、Philip Catherineなどとコンサートをする。

14歳の時、Jimmy’s Suiteは、Hot Club de NorvègeのCD「Swinging」をリリース。EMI(アメリカ)と契約が結ぶ。1994年にはオランダとベルギーでテレビ番組が上映されました。日本のTBSでドキュメンタリーが作られる。

17歳の時、JohnnyとRinus Steinbachとのトリオを結成、ユニット名は「Sinti」。 4月にアメリカで活動。レコード契約はSony (Colombia Tristar) アメリカ。 「Sinti」と題された彼らの最初のCDは1996年4月29日に発売。彼らはまたHot Club deNorvège、Babik ReinhardtとRomaneとHot ShotsのためのCDをレコーディング。

18歳の時、春にノルウェー、秋にスウェーデンでツアー。 12月、ジミーはニューヨークのカーネギーホールで大成功を収める。ジミーはレスポール、ジョージベンソン、フランクヴィニョーラとプレイ。ジミーの父マッキーは有罪判決を受け、刑務所に収監。
20歳の時、The Hot Club Recordsより「The One and Only」をBiréliLagrèneとAngelo Debarreをフィーチャーしてレコーディング。 2月にノルウェーとオランダでHot Club de Norvègeでツアー。

22歳の時、「Django’s Tiger」というタイトルをAndreas Öberg(アンドレアス・エイベルグ)とレコーディング。

24歳の時、ノルウェーのオスロのDjango Festivalに出演。Hot Club deNorvègeと1ヶ月のツアーを行う。 Svein Aarbostadと一緒にHot Club Recordsレーベルのレコーディングが行われ、「Trio」というJimmy Rosenberg CDとしてリリース。また、Stian CarstensenによるHot Club Recordsのレコーディングも行われる。 Jeroen BerkvensがJimmyの才能についてのドキュメンタリーの録音を開始。

25歳の時、Dell’ArteのギターとStian Carstensenと一緒に「Rose Room」をリリース。また、CD Swinging with Jimmyも再リリース。2004年に録音された素材のうち、1993年の13歳からのオリジナル素材として、「Jimmy’s Suite」が収録。彼の父親は8年後に刑務所から釈放。

26歳の時、Jeroen Berkvens、Jimmy Rosenbergによるドキュメンタリー「Jimmy Rosenberg, the Father, the Son and the Talent」がアムステルダム国際ドキュメンタリーフェスティバルで上映。

27歳の時、Jeroen Berkvensのドキュメンタリー映画の初演がParadiso Amsterdamで行われる。Jimmy Rosenberg & Friendsがステージでライブを行う。 6月ドキュメンタリー「Jimmy Rosenberg, the Father, the Son and the Talent」は、ポーランドの第47回クラクフ映画祭と映画撮影監督のトンピーターズの2つのゴールデンホーン賞を受賞。 7月にドキュメンタリーはDVDでリリース。10月にはオランダのグーデン・カーフ賞も受賞。

30歳の時、2010年11月29日にBimhuisでのコンサート。Stochelo RosenbergやPaulus Schäferなどと共演。

空白の期間ドラッグに手を出し、
療養生活

※2018年頃からYoutubeに最近のライブ映像がアップされているので、元気になったのかな…

CD

DVD
Movie

公式サイト

https://www.jimmyrosenberg.nl/