Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

Matero Ferret(1918 – 1989)

Jean Matelot Ferret(マテロ・フェレ)は、フランスのルーアンで生まれた。
3人兄弟の末っ子。彼はパリに行くことを成人になるまで待てず、
家から離れた。彼は13才の時、すでにバンジョーとバイオリンの熟練した腕を持っていた。
有名なバイオリニスト Jean Guelescoは バイオリンをやめギターを
やるよう説得した。
そしてすぐにパリでキャバレーからモンパルナスのジャズクラブでバルス-ミュゼットを
プレイしていた。
マテロは、プロのギタリストであり、どのような環境でプレーすることができた。
Jo Privatと共に作った”Manouche-Partie”をはじめ、彼は50年以上続くキャリアの中で
たくさんのレコーディングをした。
マテロはしばしばジプシーのワルツのマスターと呼ばれるが、
音楽のすべてのスタイルを知っていた。
実際に彼の全作品はとても幅広い。、
水夫フェレットは、1989年に亡くなった。彼は妻のジャクリーンと3人の息子、
Michel, Boulou, Eliosがいる。



新譜リリース Adrien Moignard and Tokyo Django Collective
『Manouche World-class Meeting vol.1』
先行予約受付中!先行予約特典として
非売品DVD、ポストカード、シークレットライブチケットがあります!

Comments are closed.