Sarane Ferret
サラーヌ・フェレ(1912 – 1970)|ギタリスト


サラーヌ・フェレ

Etienne “Sarane” Ferret(サラーヌ・フェレ)は、1912年にフランスのルーアンで生まれた。

イタリアのアコーデオン奏者のVétese Guérinoと共に、バルス・ミュゼットでバンジョー奏者として名を上げた。彼はまたロシアのキャバレーで東ヨーロッパのジプシーに同行した。

兄のバロと同様に彼もまたパリに移住した。
すぐにその日のトップアコーディオンの伴奏として引っ張りだこになった。

1931年にジャンゴラインハルトと出会う。
フェレ兄弟のバロ、マテロ、そしてサラーヌ、そしていとこのRené “Challain” Ferretはジャンゴ・ラインハルトのお気に入りのサイドマンだった。

サラーヌはGus ViseurやTony Murena、その他スウィングのアコーディオン奏者の多くのレコーディングを行った。戦争中、彼は自身のクインテットを結成し、ヴォーグとRCAの録音をした。

1940年代にクラリネットを入れた編成で「古典的な」ジプシージャズを自身のクインテットとして結成。サラーヌのクインテットは、時にはジャンゴ・ラインハルトやステファン・グラッペリのクインテットより有名な時期があった。

Saraneのオリジナル作曲には、 “Cocktail Swing”、 “Royal Blue”、 “Surprise-Party”、そしてDjango Reinhardtによる作曲のレコーディングバージョンが含まれている。

1950年代から1960年代にかけて演奏を続けましたが、戦時中は録音することが認められませんでした。

Sarraneは、強烈な個性とリーダーの気質を持っていた。彼の演奏は、常にフレージングの特定の繊細さと自制を持っていた。そして熟練した作曲家、編曲者でもあった。

Gusti Malhaの娘プーペガールと結婚していたが、子供がなかった。
近所ではよく知られている場所モンマルトルのシンプルな生活をパリで送っていた。

1970年に死亡。

彼の音楽の遺産は、1960年以降、何度もSaraneに同行したFrancis-Alfred Moerman(1936-2010)によってプレイし続けられました。

彼のクインテットの録音はコレクターの間でレアなものとして重宝されている。
いくつかは再リリースされている。

CD

Movie