Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

Sarane Ferret(1912 – 1970)

Sarane Ferret(サラーヌ・フェレ)は、1912年にフランスのルーアンで生まれた。

兄のバロと同様に彼もまたパリに移住した。
すぐにその日のトップアコーディオンの伴奏として引っ張りだこになった。
サラーヌはGus ViseurやTony Murena、その他スウィングのアコーディオン奏者の多くの
レコーディングを行った。戦争中、彼は自身のクインテットを結成し、ヴォーグとRCAの録音をしました。
サラーヌのクインテットは、時にはジャンゴラインハルトやステファングラッペリのクインテットより有名な時期があった。
Sarraneは、強烈な個性とリーダーの気質を持っていた。彼の演奏は、常にフレージングの特定の繊細さと自制を持っていた。

そして熟練した作曲家、編曲者でもあった。彼はGusti Malhaの娘プーペガールと結婚していたが、子供がなかった。
近所ではよく知られている場所モンマルトルのシンプルな生活を送っていた。
1970年に死亡した。彼のクインテットの録音はコレクターの間でレアなものとして重宝されている。
いくつかは再リリースされている。



【ご協力のお願い】
http://djangotokyofestival.com/#goods
ジャンゴ東京フェスティバルのTシャツとエコトートバッグの在庫がまだあります! 次回開催の資金となりますので、ご購入頂けたら幸いです(*^^*)

Comments are closed.