Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

Tony Murena(1917 – 1970)

1917年イタリアのパルマ州ボルゴヴァルディタロで生まれる。
Tony Murenaは、優れたアコーディオンの名手、優れたバンドネオン奏者です。
彼の作品は、アコーディオンの遺産とも言われている。
1923年彼の両親は、多くのイタリア人のようにフランスに移住した。
家族はノジャンシュールマルヌに移動します。
叔父に9歳の時に”faire les bals”を練習曲としてにアコーディオンを始めた。
彼は1932年にバンドネオンを学び、タンゴをプレイし始めた。
そのプレイはRafaël Canaro (カナロラファエル)とet d’Eduardo Bianco(エドゥアルドビアンコ)の
タンゴオーケストラに入ってます。
Matelot Ferret(マテロ・フェレ)と頻繁にプレイしています。
1944年戦争中、Tony Murenaは彼のオーケストラのトロンボーン奏者グレンミラーと接触した。
1947年王シアヌーク自身アコーデオン前にカンボジアで演じています。
1949年に彼がダンスリヴォリクールセルでステファングラッペリとジャンゴラインハルト共演。
翌年、彼はAstor Piazolla(アストルピアソラ)に会った。
1958年に彼はマルセルは、アンドレとルイVerchuren Ledrich伴う芸能人と管弦楽ミュゼット
ドラジオルクセンブルクAzzolaを設立しました。
彼はまた、テレビ番組を”36 Chandelles(36キャンドル)”のホストをしています。
彼は1970年に死亡した。
ジャンゴラインハルト、Sarane Ferret、Matero Ferret、Henri Crolla、Didi Duprat
など多くのギタリストと共演している。



【ご協力のお願い】
http://djangotokyofestival.com/#goods
ジャンゴ東京フェスティバルのTシャツとエコトートバッグの在庫がまだあります! 次回開催の資金となりますので、ご購入頂けたら幸いです(*^^*)

Comments are closed.