Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

Devotchka-デヴォーチカ-

Devotchka
新譜『100 Lovers』がリリースされました。
マヌーシュジャズではないので今までご紹介するのを控えていたのですが、ジプシーテイスト溢れる楽曲群で楽器の編成も面白く今回我慢できず掲載させていただきました(笑)

1997年結成、コロラド州デンバーを拠点とし、ニック・ウラタ(テルミン、ギター、ブズーキ、ピアノ、トランペット)、トム・ヘイガーマン(ヴァイオリン、アコーディオン、ピアノ)、ジーニー・シュローダー(ヴォーカル、スーザフォン、ダブルベース)、ショーン・キング(パーカッション、トランペット)という編成のバンド。
2008年3月ANTI移籍第一弾『A Mad and Faithful Telling』以来、約3年ぶり通算5枚目となるニュー・アルバム。前作同様、プロデューサーには、CRAIG SCHUMACHER(クレイグ・シューマッハ)(CALEXICO, NEKO CASEなど)を迎え制作されました。

2006年には、アカデミー4部門にノミネートされた映画『Little Miss Sunshine』のサウンド・トラックを手がけて好評を博し、同年のグラミー賞の”Best Compilation Soundtrack”部門にノミネートされた実績を持っています。ですが、あまり日本での認知度は低いのではないか!と思います。

ライブ映像を見れば分かると思いますが、テルミンなど多種多様な楽器群を駆使し様々な音を出し観る者聴く者の度肝を抜かす。
そして、演奏だけではなくまるでサーカスのようなパフォーマンス。
是非来日していただけないのでしょうか。メチャメチャ見たい!!!

どの曲もすごい癒される。

■official site
http://www.devotchka.net/

■メンバー編成
Nick Urata (vocals, guitar, trumpet)
Tom Hagerman (violin, accordion)
Jeanie Schroder (sousaphone, bass)
Shawn King (percussionist)

■100 Lovers Album Trailer – DeVotchKa

■100 Other Lovers

■Devotchka- The Clockwise Witness (in HD)

■DeVotchKa – How It Ends Official Video

■Devotchka at the Fillmore in Denver Feb 12-2011

まだまだ動画いっぱいある!
Newアルバム出したのもあって、最近の動画もたくさんアップしているみたいです。

新譜以外のアルバムなど。
Mad & Faithful Telling

Curse Your Little Heart

How It Ends

Una Volta

Supermelodrama



【第2回ジャンゴ東京フェスティバル開催】
2017年8月26,27の2日間、ジャンゴ東京フェスティバルを開催いたします! 詳細はこちらをご覧ください。
http://djangotokyofestival.com/

コメントを書く