Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

フェス会場の苦悩

ジャンゴ東京フェスティバルの会場について、

会場を決めるのが非常に難しいんです。

なぜかという言いますと、、、

少しこだわりがありまして、、、

野外で飲食を楽しみながらライブを楽しめるようにしたい!

キャパは500~1000人。

この2つをクリアする場所というのが、都内ですとなかなか無いんです。

これを完璧にクリアするのが、第1回で開催した上野公園の野外ステージが最高の場所なのですが、人気の場所故に、抽選倍率がすごく高くて取れるかどうか難しい。


更に、6か月前に抽選という、なんとも日程的に段取りをするのが大変な感じなんです。

特に海外アーティストの日程を押さえるには1年前には会場を確定したいところ。

半年前に会場を取れたとしても海外アーティストの日程が押さえられるか、という問題が次にやってきます。

そこで、

上野の野外ステージが取れなかった場合にどこで開催しようか。

候補の会場を探しておかないといけないのですが、なかなか上野の野外ステージと同等のところがありません。

日比谷の野音は大きすぎるし、新木場あたりも大きすぎる。

ホールだとたくさんあるのですが、鑑賞中に飲食が出来ない。

今年開催した3331では、体育館という環境で空調がなく居心地問題があるし、学祭のような雰囲気になってしまう。
階層が分かれているので人的リソースがかなりかかってしまう。

いやはや、なんとも難しい問題です。

やはり少し妥協する必要があるようです。

今の段階でのお話ですが、2つ候補が上がりました。

1つはライブハウスやクラブ。

天井が高くて解放感のあるハコだったら良いのではと。

もう1つは座高円寺。
鑑賞中に飲食が出来ないっぽいですが、すぐ隣のロビーでは飲食出来る。居心地は良い。

ライブ会場以外にもう1つ借りれるスペースがあり、そこも借りられればセッションスペースとして使用できそう。

更に私ウッカリンは高円寺在住なので、段取り・進行しやすい。

現段階ではこの2つが頭に浮かんでいますが、どこか良い会場がないかまだ模索しております。

来年も絶対やりたいので、どうにかこの問題を打開して開催しますので、応援の程よろしくお願いいたしますm(__)m



新譜リリース Adrien Moignard and Tokyo Django Collective
『Manouche World-class Meeting vol.1』
先行予約受付中!今ならポストカードが付き

Comments are closed.