Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

2010年1月23日にフランスパリのシャトレ座で行われたライブ『Hommage a Django Reinhardt au Theatre du Chatele』

2010年1月23日にフランスパリのシャトレ座で行われたライブ”Hommage a Django Reinhardt au Theatre du Chatelet”が公開されてます。
最近公開されたみたいです。ライブが行われてたのは知ってましたがこの映像が公開されていて大興奮!!

Découvrez Concert hommage à Django Reinhardt le 25 octobre sur France 2 sur Culturebox !

最近ベストアルバム”Le Meilleur De Sanseverino”を出したばかりのSanseverinoと、Herve Legeay(エルヴェ・レジェ)、Christian Séguret(クリスチャン・セギュレ)、Christophe Cravero(クリストフ・クラヴェロ)、Gipi Cremoni(ジピ・クレモニ)の5人で、サンセヴェリーノの曲 “Tu n’en as plus rien à foutre de moi”を演奏している映像です。

向かって左から、Elios Ferré(エリオス・フェレ)、Mathieu Chatelain(マシュー・シャトレン)、Romane(ロマーヌ)、Boulou Ferré(ブールー・フェレ)
演奏局はフランス国歌”La Marseillaise”。愛国心を感じますね。

さらには、Romaneの息子、Richard Manetti(リシャール・マネッティ)と1989年生まれの若手バイオリニスト、Fiona Monbet(フィオナ・モンベ)を中心としたグループによる「Swing 42」


こちらはマネッティの横にはジャンゴのひ孫にあたるLevis-Adel Reinhardt(レヴィ-アデル・ラインハルト)と、12歳のマヌーシュギタリストSwann Berger(スワン・ベルジェール)、そしてベースのMarc-Michel Le Bevillon(マルク-ミシェル・ル・ブビヨン) の演奏。
スワン君はずっと注目しているのですが、期待通り!そして超カワイイ!
レヴィ-アデル氏はこの若さでオーラがスゴイ!最高の演奏ですね!



【ご協力のお願い】
http://djangotokyofestival.com/#goods
ジャンゴ東京フェスティバルのTシャツとエコトートバッグの在庫がまだあります! 次回開催の資金となりますので、ご購入頂けたら幸いです(*^^*)

Comments are closed.