Manouche JAZZ for JAPAN

マヌーシュジャズ for JAPAN

ようこそ!当サイトはマヌーシュジャズに関する情報を集めたサイトです。
日本にマヌーシュジャズの素晴らしさを広め、演奏者にとっても役に立つサイトを目指したちあげました。

『マヌーシュジャズに入門する際の悩ましい事柄:その①ギター』

こんにちは、ウッカリンです。

ジプシージャズを始めるときに悩ましい事柄がいくつかったので綴りたいと思います。

まずギターですね。

そう、ギター本体についてどうしようか。

その時持っていたギターは、グレッチのナッシュビルとギブソンのSG。

あとグランドシナノというガットギター。

この3本でした。

最初はやはりそのギター達で練習をしていたのですが、出音が違う。

ネックの具合や弦も違うので、やはりそれ系のギターを買おうかどうか。

それ系のギター、、、 つまり、セルマー・マカフェリタイプのギター

ということになるのですが、結構いろいろなメーカーがあるのです。

DUPON、Dell Arte、CASTELLUCCIA、AJL、Jean Barault、GITANEなどなど。

数万円で買えるものから30万円前後とラインナップは色々あるのですが、正直良し悪しが分からない。

数万円で買えるものとしての代表格はGITANE。

あとはGallatoやARIA。

結局、
独自の判断で最初は安めのやつを買おうと思いました。

インターネットで探していたところ、見つけて気になったのが

GITANEのDG-250M

DG-250M

セルマー・マカフェリタイプのギターってヘッドがガットギターのような作りになっているのですが、スチール弦を使っているのですが、このギターのヘッドは普通のギターのようになっているのです。
普通の思考の人であれば、恐らく、その特長のギターを購入すると思うのですが、なぜか私ウッカリンはなんとなく、直感でこのヘッドが気に入りました。

そしてサイドとバックの木目がきれいだったので、これにしました。

価格は10万円くらいだったと思います。

6年前くらいに買って、今だにこのギターを使っています。

ブリッジを変えて、内臓ピックアップを後付しました。

でもずっと使っているとやっぱり不満も出てきますね。

なんだか、このギターはマイルドな音なんですよね。

もうちょっとトレブルが効いた音の方が良いかなって。

でも上手な人がこのギターを弾くととんでもなく良い感じだったんですよね。

やっぱりギター本体の問題ではなく、自分の腕ということか。。。

しかし、ギターが良いに越したことはないと思います(*^^*)

ジプシージャズギターの専門店が少なからずあるので、そこで相談して試奏して店員さんとおしゃべりしながら買うのがベストかなと思います。

関東であれば、ギターショップタンタン、関西であればストリングフォニックという頼もしい店があるので1度は相談すると良いと思いますよ。

■ギターショップ タンタン
http://www.guitarshoptantan.com/

■ストリングフォニック
http://www.stringphonic.com/

そうそう、国産のメーカーもあるんです!

■AT guitars
http://www.atguitars.com/

国産って安心しますよね(*^^*)

No.3という安価なラインナップもあるので、要チェックです!
http://no3japan.jimdo.com/



新譜リリース Adrien Moignard and Tokyo Django Collective
『Manouche World-class Meeting vol.1』
先行予約受付中!先行予約特典として
非売品DVD、ポストカード、シークレットライブチケットがあります!

Comments are closed.