Bireli Lagrene


ビレリラグレーンは、1966年9月4日フランスのセバレーンで生まれた。伝統的なマヌーシュ-ロマーニ人(ジプシー)の家族、地域社会で育つ。彼は4歳でギターを弾き始めた。彼の父Fisso(非常に才能豊かなバイオリニスト)、彼の母親Bergaに音楽的な影響を大変受ける。弟はGaiti。
8歳の時、彼はジャンゴラインハルトのレパートリーをカバーしたとき、彼の親戚はすでに彼を神童と呼んでいた。
12歳の時ストラスブールのロマ音楽祭で受賞した。その賞で米国に行くきっかけを与えられた。そして米国でビレリラグレーンはステファングラッペリ、ベニーグッドマン、そしてベニーカーターなどの世界的に有名なジャズミュージシャンに会った。1984年、彼はニューヨークでラリーコリエルに会った。
その後、彼はベーシストのJaco Pastorius(ジャコパストリアス)と活動しジャズ・フュージョンに傾倒する。Jaco Pastorius(ジャコパストリアス)との活動はビレリラグレーンの音楽的解放に大きく貢献し、ヨーロッパでは、ツアーを行う。ジョン・マクラフリンやアルディメオラなど数々の有名アーティストとのライブ演奏もしている。
ビレリラグレーンは、2002年に『Gipsy Project and Friends』でまたマヌーシュジャズに原点回帰している。
[tubepress mode=”tag” tagValue=”Bireli Lagrene”]

Découvrez Biréli Lagrene, parcours d’un virtuose de la guitare manouche sur Culturebox !