Baro Ferret
バロ・フェレ(1908 – 1976)|ギタリスト


Pierre “Baro” Ferret(バロ・フェレ)は1908年にフランスのルーアンで生まれた。
3人兄弟の長男で、彼は幼い頃からミュージシャンとしての才能を周りから評価されていた。
Baroは、作曲家、ワルツ(ミュゼット)を得意とする。

彼のジプシーのニックネーム “Baro”で知られていたが、これはロマ語では「Big One」あるいは「King」を意味していた。

地元のダンスホールの短い見習いの後、彼はパリに移住した。すぐにバルス-ミュゼットのギタリストとして先駆者となる。

彼の兄弟Jean “Matelo” Ferretを通して、BaroはDjango Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)に出会う。

1931年以来、フェレ3兄弟(Pierre “Baro” Ferret、Etienne “Sarane” Ferret、Jean Pierre “Matelo” Ferret)、そしていとこのRené “Challain” Ferretと共に、ジャンゴ・ラインハルトのお気に入りのサイドマンでした。

また偉大なジャズギタリストと約80のレコードを録音する。彼は非常に素晴らしいジャズマンだった。

1960年に戦争を離れ、Bar「La Lanterne」を運営していた。

第二次世界大戦中にはミュージシャンとして引退し、1970年代初頭まで続いたドイツのパリ占領の間、バーや様々な闇市場のビジネスに専念した。

作曲家として、バロの “valses bebop”(バルス・ビバップ)は時代を先取りした。
“Panique…!,” “La Folle” (“The Madwoman”), “Swing Valse” (ベルギー – フランスのボタンアコーデオン奏者Gus Viseur)、 “Le Depart de Zorro”などの彼の作品は現代的でシュールなものでした。

Gus Viseur(ギュス・ヴィズール acc)と共同で制作した彼の初期のミュゼットは、最も美しいスタイルでかつ洗練されていた。

ギタリストとして彼は完璧な技術と独自の即興スタイルを持っていた。

弟のJean “Matelo” Ferretの息子Boulou FerréとElios Ferréはジプシージャズを続けている。

CD

Movie