Oscar Alemán
オスカー・アレマン|ギタリスト


Oscar Alemán オスカー・アレマン(1909年2月20日 – 1980年10月14日)

アルゼンチン北部のチャコ州マチャガイ生まれ。。ホルヘ・アレマン・モラレスに生まれた7人のうち4人目の子供。

6歳の時、家族のアンサンブルのMoreira Sextetにボーカルやダンス担当として楽団に加わる。ブラジルのウクレレのcavaquinho(カヴァキーニョ)を自然と弾けるようになりギターも自然と弾けるようになる。ブエノスアイレスのParque Japonés、ヌエボ劇場やルナパークで演奏ツアー。その後にブラジルもツアーする。

アルゼンチン出身のピアニスト、マルセラ・ペレイラと、カルロス、フアン、そしてジョルジェリーナと一緒にフォークカルテットでギターを弾いた。

10歳の時に彼の母親が死に、彼の父親が自殺して孤児になる。彼はブラジルのサントスの街でダンサーやミュージシャンとして時々仕事をすることによってなんとか生活をする。そんな中なんとかお金を貯めてギターを買い、彼の友人、ブラジル人のギタリスト、GastónBueno Loboと一緒に「Los Lobos」というデュオを結成。パーティー会場でプロとして演奏を始める。デュオは1925年にコメディアンのパブロ・パリトスと契約して働くためにブエノスアイレスに引っ越す。ブエノスアイレスでは、バイオリン奏者Elvino Vardaroとトリオを結成。彼らはタンゴを彼らのレパートリーに加え、そしてAgustínMagaldiと共にレコーディングをする。彼らは後にCarlos GardelとEnrique SantosDiscépoloでプレイをする。

1929年、Los LobosとダンサーのHarry Flemingがヨーロッパをツアーする。ツアーの後、アレマンはソリストとしてプレーするためにマドリッドに滞在。1930年代に彼はエディ・ラングとジョー・ヴェヌティの音楽を通してアメリカンジャズに出会う。彼はその後パリに移り、そこでジョセフィーヌ・ベイカーに雇われ、彼女のバンドであるベイカー・ボーイズをカフェ・ド・パリでプレイ、ベイカーを見に来て彼女のバンドで演奏するアメリカのミュージシャンと定期的にプレーする。

パリでジャンゴラインハルト(Django Reinhardt)に出会う。
そして、オスカー・アレマンは時々ジャンゴ・ラインハルトが何らかの理由で出演できない公演があった時に代役をする。

ジャンゴ・ラインハルトとの友情について語る。

「私はジャンゴ・ラインハルトをよく知っていました。彼はジャズがジプシーだったとよく言っていました。私たちはよくそれについて議論しました。その他には私はギターをフィンガーピッキングします、なぜならばピックでは表現できないことがあります。私はジャンゴのように2本の指で高音を打つことはできません…など。多くの事をジャンゴ・ラインハルトと語り合いました。私はジャンゴを非常に賞賛し、彼は私の友人であり、彼はフランスで私の最大の友人でした。私達は興行的なコンサートではない場所で、私達自身のために何度も一緒にプレーしました。私はジプシー達の故郷であるワゴンに連れていってほしいと頼んだことは一度もありませんでしたが、ジャンゴは例外を作ってくれて私を連れて行ってくれました。そして私はこの友情は相互的なものだと信じています。」

1930年代には、ルイ・アームストロングとデューク・エリントンと演奏する。
パリのル・シャンティで毎晩演奏する9ピースのバンドを結成しながらヨーロッパを旅する。

Discography

Hawaianita (1927–1929), Buenos Aires
Ya Lo Sé (1930–1933), Madrid-Paris
Fox-musette No. 301 (1933–1935), Paris
St. Louis Stomp (1936–1938), Paris
Doing the Gorgonzola (1939–1940), Paris
Susurrando (1941–1942), Buenos Aires
Negra de Cabello Duro (1943–1944), Buenos Aires
Haciendo una Nueva Picardía (1945–1949), Buenos Aires
Swanee River (1951), Buenos Aires
Scartunas (1952), Buenos Aires
Minuet (1953), Buenos Aires
Ardiente sol (1954), Buenos Aires
Estambul (1955), Buenos Aires
Juca (1956–1957), Buenos Aires
Guitarra de Amor (1965), Buenos Aires
Sueño de Víbora (1966–1969), Buenos Aires
Moritat (1970–1972), Buenos Aires
Tengo Ritmo (1973–1978), Buenos Aires
Vestido de Bolero (1979–1980), Buenos Aires
Hombre Mío (1960–1980), Buenos Aires
Sí…Otra Vez! (1979), Buenos Aires
Swing Guitar Masterpieces 1938–1957 (Acoustic Disc, 1998)[7]

CD

Movie