Matero Ferret
マテロ・フェレ(1918 – 1989)|ギタリスト


Jean Matelot Ferret(マテロ・フェレ)は、フランスのルーアンで生まれた。

Mateloとはロマ語で「船員」という意味。

3人兄弟の末っ子。彼はパリに行くことを成人になるまで待てず、家から離れた。
彼は13才の時、すでにバンジョーとバイオリンの熟練した腕を持っていた。

有名なバイオリニスト Jean Guelescoは バイオリンをやめギターをやるよう説得した。
そしてすぐにパリでキャバレーからモンパルナスのジャズクラブでバルス-ミュゼットをプレイしていた。
マテロは、プロのギタリストであり、どのような環境でもプレイすることができた。

1931年以来、フェレ3兄弟(Pierre “Baro” Ferret、Etienne “Sarane” Ferret、Jean Pierre “Matelo” Ferret)、そしていとこのRené “Challain” Ferretと共に、ジャンゴ・ラインハルトのお気に入りのサイドマンでした。

当時、ジャンゴとフェレ兄弟たちはパリのロシアンキャバレー、特にCasanova と Shéhérazadeで頻繁に演奏していましたが、ジャンゴはその後の大半をよりジャズの方向に歩んでいく。マテロをはじめフェレ兄弟達は、多くのロシアとルーマニアのジプシー(Tzigane)の要素と、ミュゼットスタイルのワルツやジャズを取り入れたユニークなギタースタイルを開発しました。

Jo Privatと共に作った”Manouche-Partie”をはじめ、彼は50年以上続くキャリアの中でたくさんのレコーディングをした。
マテロはしばしばジプシーのワルツのマスターと呼ばれるが、音楽のすべてのスタイルを知っていた。

実際に彼の全作品はとても幅広い。

1989年に亡くなった。彼は妻のジャクリーンと3人の息子、
Michel, Boulou, Eliosがいる。

CD

Movie