Tchan Tchou Vidal(1923 – 1999)
(チャン・チュウ・ヴィダル)|ギタリスト


Paul “Tchan Tchou” Vidal
1923年11月22日、フランスのAix-en-provence(エクスアンプロヴァンス)生まれ。
中国人の叔母から”Tchan Tchou”の名前がついた。

キャラバンで生まれたPaul Vidalは、ややオリエンタルな特徴を持った顔のため、「Tchan Tchou」というニックネームを生まれた直後に叔母の一人から名づけられた。彼はフランス南部で家族と一緒に旅行し、Django Reinhardtと一緒に演奏することがある父親と一緒に12歳でギターを習います。ジャンゴ・ラインハルトにもギターの手ほどきをうける。

グループ名は「Hot Cub de Jazz of Lyon」
彼のプレースタイルは標準的なジプシージャズではなかった。彼はワルツを支持していた。
ジプシージャズの非常に人気のある技術的な部分を独自で応用し彼の代表曲『La Gitane』が作られた。

当時はTchan Tchou Vidalのプレイスタイルはあまり認められてなかった。
しかし、現在彼のプレイはジャンゴラインハルト同様に評価されている。

1944年戦争中、Tony Murena(アコーディオニスト)はTchan Tchou Vidalのオーケストラのトロンボーン奏者グレンミラーと接触した。

1946年、いくつかのラジオやテレビの公演を行った。

1947年、カンボジアの王シアヌークの前で演奏する。

1949年、ダンスリヴォリクールセルでステファングラッペリとジャンゴラインハルト共演。
翌年、彼はAstor Piazolla(アストルピアソラ)に会った。

1958年、マルセルとアンドレとルイ(Verchuren Ledrich)とで「Marcel Azzola et Son Orchestre」を設立する。

テレビ番組「36 Chandelles(36キャンドル)」のホストをしていた。

1999年に亡くなる。

Django Reinhardt、Sarane Ferret、Matero Ferret、Henri Crolla、Didi Dupratなど多くのギタリストと共演している。

CD

Movie