2020/9/23(水)ジプシー音楽ONLINE LIVE|アラン・パットン&関島種彦|東欧 gypsy roma


Manouche JAZZ for JAPAN presents
この配信ライブは皆様のご寄付やグッズ購入で成り立っています。
継続の為にご協力の程よろしくお願い申し上げます。Please Donate!
m(_ _)m

クラウドファンディング ※1,000円からリターン用意してます
https://manouche.hy-creative.com/cloud-fanding2020/

グッズ ※500円からあります
https://django.theshop.jp/

PayPal(クレジットカード)※金額自由設定
https://paypal.me/jazzmanouche

《スポンサー募集》
配信動画内で広告を出せます。ひとつの配信につき5,000円税込。
メールお待ちしております ukkalin@django.tokyo

《SNS》
https://twitter.com/UKKALIN
https://www.facebook.com/manouchejazzforjapan

《出演アーティスト情報》
アラン・パットン(Accordion,Vo) Alan Patton
プログレや東欧のロマ音楽をベースにさまざまな音や感覚をmixし、独自な世界を作る音楽家。カツラ・マズルカ、チガ・ジダンダ、チギリ・ホメリ、ヨタロウwithメトローマンスホテル等で活動しながらソロライブやコラボレートを行なう。レコーディングでは NINO TRINCA、KERA&戸川純、三上博史、犬山犬子、METROFARCE などのCDに参加。2005年松尾スズキのミュージカル『キレイ』に出演。2009 年劇団パパタラフマラのダンス芝居『PUNK DON QUIXOTE』の音楽を作曲や出演。2011 年から『こどもちゃれんじ』の音楽作りやレギュラー出演。2012 年タバマ企画『ワタシヲサスラウウタ』出演。2014年洋服の青山のCMでEXILEのTAKAHIROと共演。2015年串田和美の漂流劇『ひょっこりひょうたん島』に出演。2017年鈴木勝秀のミュージカル「パンク シャンソン」にて元宝塚水夏希と共演。イベントパフォーマーとして 2001 年からパーティ、デパート、学校、祭り、レストラン、遊園地、競馬場、クルーズなど全国のイベントにも参加しています。
https://alanpatton.wixsite.com/speedingfarm/info

関島種彦(Violin,Mandlin) Tanehiko Sekijima
幼少期にクラシック音楽を学び十代の後半に独学で再出発。以後、様々な音楽グループに参加。2007年から2012年までは東京都の大道芸人「ヘブンアーティスト」として活動し、2017年には渋谷文化村シアターコクーンの舞台「24番地の桜の園」(原作: アントン・チェーホフ、演出: 串田和美、音楽監督: 太田惠資)の劇伴を担当。
普段は主に都内のライブスペースや酒場、路上、レストランやカフェ等でバイオリンとマンドリンを演奏し、また作曲も行っています。
東欧やその周辺のロマ(ジプシー)音楽や土着の音楽、ジャズ、現代音楽、古今東西の辻楽師等から大きく影響を受けていますが、固定観念に捉われない幅広い視点で音楽の可能性や在り方を模索しています。
http://sekitane.blogspot.com/
https://twitter.com/tazi_nekisse

《司会》
UKKALIN(ウッカリン)
https://www.facebook.com/ukkalin.manouche

《撮影協力》
Chez Moi(シェモア)
https://chezmoi.tokyo/
※スペースレンタル相談可能です。
問合せ→ mail@chezmoi.tokyo

《企画制作》
Manouche JAZZ for JAPAN