Angelo Debarre
アンジェロ・ドゥバーレ|ギタリスト


Angelo Debarre アンジェロ・ドゥバーレ(1962 – 現在)

1962年8月フランス・サンドニに生まれ、8歳でギターを始める。マヌーシュ(ジプシー)の人々の間では、伝統が家族、世代を超え口承され、音楽は大きな位置を占める。

300から400のキャラヴァンが集まるマヌーシュのコミュニティに、音楽が絶える事は無いという。ジャンゴ・ラインハルトによって始まったジプシー・ジャズの音楽の伝統がこの文化の核心にあり、その音楽はダイナミズムと豊かさを失わない、永遠に生き続ける音楽だ。

アンジェロは13歳の時にはRaphael Faysのグループに加わるが、その後しばらくドラムに傾倒することになる。

1984年に最初のグループ“アンジェロ・ジャズ・カルテット”を結成し、翌年にはパリの有名なナイトクラブ”La Roue Fleurie”で人気を得る。また東ヨーロッパのジプシーなど様々なスタイルとのコラボレーションを行う。同年Serge Camps、Frank Anastasioと共に“Gypsy Guitars”をリリース。

1998年には初のリーダー作“Caprice”を発表。
メンバーはFlorin Niculescu、Bojan Zulfikarpasic、Bernard Malandain、Xavier Desandre-Navarre

Discography

Gypsy Guitars (1988) (Hot Club/Jon Larsen)
■La Roue Fleurie (1991) (Hot Club/Larsen)
Caprice (1998) (Hot Club/Larsen)
■Romano Baschepen (1999) (Al Sur/NordSud)
Portrait of Angelo Debarre (2002) (Hot Club/Larsen)
Come into My Swing (2003) with Ludovic Beier (Le Chant du Monde)
Angelo Is Back in Town (2004) (Hot Club/Larsen)
Entre Amis (2005) with Ludovic Beier (Le Chant du Monde)
Paroles de Swing (2008) with Ludovic Beier (Le Chant du Monde)
Trio tout à cordes (2008) (Le Chant du Monde)
Live in Le Quecumbar (2010) (Fremeaux)
Gypsy Unity (2010) (Le Chant du Monde)

CD

DVD
教則本
Movie

公式サイト

https://pages.infinit.net/michto/